FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

昆虫がヒトを救う

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2007年11月18日 20時25分]
この本は、医療への昆虫の利用の本だったんですね。
私は、ヒトを含めた「地球」を救うと思い込んでいました。
ちなみに、長島孝行さんの本は以前紹介したと思います。
私も、VAAMを飲んで運動したくなりました。
ネムリユスリカという虫は、クマムシのような性質を持つ昆虫らしいです。極限の状態でも死なずに(生命活動を止めて)眠り続けることができるなんてすごいですね。(私もできればしばらく寝ていていたいです。)
ヤママユが持つ「ヤママリン」で癌を眠らせることができればいいですね。
PTSDを鈴虫で治療できるなんていいですね。しかし、日本人しか効かないなんて、面白すぎます。
「宝島社」の文庫は軽くて読みやすいので面白いですね。
昆虫がヒトを救う (宝島社新書 249) (宝島社新書 249) 昆虫がヒトを救う (宝島社新書 249) (宝島社新書 249)
赤池 学 (2007/10/06)
宝島社
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
日本が誇る昆虫医療業界の最先端に迫る。昆虫×医療。抗ガン剤、心筋梗塞治療、メタボリック対策、PTSD療法…昆虫のチカラで病気が治る。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/77-cb06fce8
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin