FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

裁判所が道徳を破壊する

カテゴリ:社会制度 [2007年11月12日 20時52分]
裁判官の非常識さ加減は、よく聞きます。
確かに、最近の判決は「木っ端役人」の常識とは違うものが多いと思います。その感覚を、少しですが後ろから押してくれる本でした。
「破産免責による道徳の破壊」は、まさにその通りですね。
裁判所が道徳を破壊する (文春新書 590) 裁判所が道徳を破壊する (文春新書 590)
井上 薫 (2007/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
カネを返さずとも破産でチャラ?親殺しで重罪は不平等?試験秀才で、独りよがりな裁判官たちが、法や正義の名の下に、いかにこの国の「道徳」を破壊してきたかを暴露する。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/71-491f656b
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin