FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

教育格差

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2020年01月13日 21時46分]
個人の将来があるので、実験ができない中で(緩やかな)身分社会を改善する政策を考えなければならないのは大変です。
是非、基礎的なデータだけでも集めて、研究すべきでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
出身家庭と地域という本人にはどうしようもない初期条件によって子供の最終学歴は異なり、それは収入・職業・健康など様々な格差の基盤となる。つまり日本は、「生まれ」で人生の選択肢・可能性が大きく制限される「緩やかな身分社会」なのだ。本書は、戦後から現在までの動向、就学前~高校までの各教育段階、国際比較と、教育格差の実態を圧倒的なデータ量で検証。その上で、すべての人が自分の可能性を活かせる社会をつくるために、採るべき現実的な対策を提案する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 終わらない教育格差/第2章 幼児教育ー目に見えにくい格差のはじまり/第3章 小学校ー不十分な格差縮小機能/第4章 中学校ー「選抜」前夜の教育格差/第5章 高校ー間接的に「生まれ」で隔離する制度/第6章 凡庸な教育格差社会ー国際比較で浮かび上がる日本の特徴/第7章 わたしたちはどのような社会を生きたいのか
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5279-3090ae82
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin