FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

ふたり老後もこれで幸せ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年12月07日 22時19分]
二人で仲良く生きていくことはなかなか難しいですよね。
実感としてですが、我慢が大事だと思います。

60歳以上の高齢者へのアンケート調査の結果、ひとり暮らしが、家族同居や施設入所者より満足度が高いことがわか りました。 前著『老後はひとり暮らしが幸せ』は、その理由を明らかにし、多くの方々の共感を得ることとなりました。

今回は前著の約2倍にあたる923人を対象に調査。「夫婦ふたり暮らし」に焦点を当てました。

老後ふたりの生活では「いちいち口出してくる」「なにも家事を手伝わない」などの不満を多くの妻は持ちます。夫のいいぶんはどういったものでしょうか?
本書では夫婦それぞれの考え方、価値観をアンケートの肉声から分析、「ふたりの老後」を上手く続けるにはどのような心構えと注意点が必要なのかを明らかにします。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ふたりなら、ふたつの個性があります。不満があるのはあたりまえ。でも、ひとりになるまでは、ふたりなのです。『老後はひとり暮らしが幸せ』の著者、第二作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 ふたり暮らしで妻が不満な理由(ふたり暮らしは妻のひとり負け/やることにいちいち口を出してくる ほか)/2章 夫にもいいわけがある(夫の満足度も高くはない/現役時代は超多忙の毎日だったから ほか)/3章 夫婦はふたりで老いと戦う(相手の不安、自分の不安が交差する/片方が先に逝ってしまうから ほか)/4章 ふっとこころが軽くなる7つの秘訣(それぞれ互いに納得している/しっかり分業できている ほか)/5章 ふたりの自立のための3つの手順書(夫が自立できている人か確かめる/自炊できなくても外食を試してみる ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5241-cc2d487b
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin