FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

過労死110番

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月17日 22時19分]
過労死はなんとか避けてほしいものですな。
【内容情報】(出版社より)
「過労で人が死ぬはずがない」といわれた当初から、遺族の声なき声に耳を傾け続けてきた無料電話相談。今や「KAROSHI」は、英語の辞書にも載る日本発の言葉となった。だが依然として過労死・過労自殺が減る兆しは見えない。「過労死」を死語にするための一歩として、その救済のための闘いの歩みをたどり、今後の課題を見据える。
はじめにーー過労死のない社会を目指して

過労死の現状と「働き方改革」の行方……………森岡孝二
過労死110番の三棚年……………松丸 正
取材を通して考える……………織田柳太郎
遺族の話・1 夫を,そして父を家庭に取り戻すために……………平岡チエ子
遺族の話・2 夫の生きた証,一棚年九か月の闘い……………寺西笑子
遺族の話・3 まるで無法地帯の職場が奪った息子の命……………中間博光(仮名)
【リレートーク】「過労死」を死語に
 大阪過労死問題連絡会 略年表

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「過労で人が死ぬはずがない」とされ、「急性死」といわれていた当初から、遺族の声なき声に耳を傾けてきた無料電話相談「過労死110番」。今や「KAROSHI」は、英語の辞書にも載る日本発の言葉となった。だが、依然として過労死・過労自殺が減る兆しは見えない。今、改めて過労死をなくすために、どういった取り組みが必要なのか。考える出発点として、その救済の歩みをたどり、現在の課題を見据える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
過労死の現状と「働き方改革」の行方/過労死110番の三〇年/取材を通して考える/遺族の話・1 夫を、そして父を家庭に取り戻すために/遺族の話・2 夫の生きた証、一〇年九か月の闘い/遺族の話・3 まるで無法地帯の職場が奪った息子の命/リレートーク 「過労死」を死語に
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5220-c027ff06
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin