FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

虫食む人々の暮らし

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2007年10月24日 20時42分]
この本を「食べ物」にカテゴリー分けするのには抵抗がある人が多いでしょうね。
私は、ゲテモノも嫌いではないので「食べ物」に分類させていただきます。私が食べたことがあるのは、ハチの子、イナゴぐらいですけどね。
本文中にもありますが、昔の中国では「虫」は宮廷料理に使われるなど、よい食材となっていたようです。中国に行った時は期待したんですけど、犬と蛇ぐらいしか食べられませんでした。
虫食む人々の暮らし (NHKブックス (1091)) 虫食む人々の暮らし (NHKブックス (1091))
野中 健一 (2007/08)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
東南アジアの田んぼで、アフリカのブッシュで、岐阜の森で、世界中の人たちが、顔をほころばせて昆虫を味わっている。虫を採り、食すことで、生命と環境に五感で触れているのだ。バッタを狙い、カメムシを買い求め、ヘボを愛する中で、カラハリ砂漠の子どもは狩猟民として生きていく術を学び、ラオスの人は都市化で消えゆく「野生」を取り戻す。つまり昆虫食とは、自然と対話して恵みを得る智恵なのだ。日本中、世界中の昆虫食を追って旅してきた著者が描く、昆虫と人間が相互に深く交わる、豊かで美味しい営みの姿。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/52-7fe0501f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin