FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

『この世界の片隅に』の人間像

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年09月29日 21時09分]
読みましたが、読まなければならない本ではありませんでした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『この世界の片隅に』から学ぶ「この国」という限定を越えるもの。「この国」のことに向かう「修身」。「この国」という限定を越えて「この世界」のことに向かう「図画」-。二つの教科はヒロイン・すずの人生にとってどのような意味をもったのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 一人の人間としてのすずの形成/2 戦時下の日常生活/3 戦争へのすずの態度/4 戦後/5 「しあはせの手紙」(“昭和”21年1月)/6 『この世界の片隅に』に学ぶ/文献資料
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5170-51ab78ec
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin