FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

移民とAIは日本を変えるか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年09月23日 21時51分]
超高齢化と人口減が続く日本は、今後どうなるのでしょうか。
短期的には外国人労働者の導入はありなんでしょうが、先を見据えるとしっかりとしたビジョンが必要ですね。
高齢者と女性を活用して、AIの発達を待つのが正解かもしれません。

【内容情報】(出版社より)
救世主か、破壊者か?
21世紀に入り、人口減少に転じた日本。早くから日本経済の長期低迷の要因の一つとして人口構造の変化に着目すべき、と唱えていた著者が、現代日本の喫緊の課題として昨今俄然クローズアップされている人口減少下の日本社会の変容を、移民とAI(人工知能)に焦点を当てて丁寧に解いていく注目作!
▼人口減少とAI化、入管・難民法改正の流れの中で、正確な実態把握に努め、現時点での全体像を一挙に俯瞰できるタイムリーな一冊!
▼ニュートラルな立場で、巷間伝わるAIへの過度の期待と恐れや人口減少についての諦観ないし悲観に疑義を投げかける骨太の総合解説書。
高齢化社会の到来は数十年前より議論されてきたが、人口減少が問題視されるようになったのは比較的近年のことであり、日本社会の今後の展望や選択肢を統計や理論的成果に基づいて解説した本(特に、日本人の著者によるもの)はまだ少ない。
本書は、いまや金融のみならず、現代日本社会全体をウォッチする論客の第一人者のひとりとなった翁氏が、喫緊のテーマを人口減少下での日本社会の将来像について国民的選択の観点で捉え、AIと移民の影響 について広範な視点から考察。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 金融政策の限界ープロローグ/第2章 人口ペシミズムと将来人口推計の確実性/第3章 移民あるいは外国人労働者の経済的影響/第4章 移民の社会的影響ー欧州の経験/第5章 移民の社会的影響ー日本の現状/第6章 事例研究:ベトナムとの関係/第7章 AIは労働者を無用にするかー人口ペシミズムへの第三の異論/第8章 AIと移民の共通点・相違点/第9章 AI・移民問題についての今後の課題
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5164-4dfff5a6
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin