FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

老年の品格

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2019年09月02日 21時16分]
中身は特別な本ではありませんが、著者の交友関係特になくなった方のことが書いてあって興味がありました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
気持ちは若い頃のままなのに皺が増え、体力は衰える一方。いつの間にか「老人」に分類されるようになり、社会でも家庭でもイマイチ居心地が良くない…。そんな苦境の打開策は、人間関係における簡単な発想の転換にある!長年連れ添った妻・曽野綾子や、吉行淳之介、遠藤周作ら友人達との抱腹絶倒のエピソードを織り交ぜながら説く、山あり谷ありの長い人生を前向きに楽しむ秘訣。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 伝えるべきことをユーモアで包んで(笑わせておいて、おもむろに/その時、現代と好ましい接点を見いだしている)/人生を豊かにするユーモアの力(笑いは幸せな老年夫婦の必需品/老年の実力は微笑とともに/ユーモアは人の心をなだめる妙薬)/人間関係、押し方・引き方の知恵(物事を脇から見るゆとり/笑えば心が開く、人生が拓く/人間のタイプには人好きと物好きがある/人派と物派。その違いに寛大になる)/笑いは知性の産物、生きる才能(人生を成功させる笑いのEQ能力/人生が楽になる笑いの三要素/笑いは高等な精神の産物)/愛のある視点こそ、老年の品格(笑いの視点で世の中を見る習慣/愛のある笑い、毒のある笑い/笑いは感受性豊かな人に宿る)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5137-db599e93
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin