FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本人のひるめし

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2019年07月04日 21時27分]
日本は朝と夕飯の間に昼食が加わり、ヨーロッパは昼と夕飯に朝食が加わったというのはなんとなくイメージできます。
だから、日本の昼食は普通適当ですし、ヨーロッパの朝食が適当なんでしょうね。
昼食として、弁当や給食が発達したのも分かりました。

【内容情報】(出版社より)
今では一日三食があたり前だが、「ひるめし」はいかにして始まったのか。関係の深い弁当や外食店の発達、すし・てんぷらの発明、給食の起源など、食の文化という視点で論じる。麺類・カレーの誕生と人気の理由にも触れる。
まえがき/「ひるめし」の誕生(食事回数の常識/一日二食の時代/「ひるめし」のはじまり)/弁当の移り変わり(弁当のはじまり/弁当の普及と食習慣/変化する弁当/駅弁の歴史)/給食と食生活への影響(集団給食の移り変わり/学校給食の成り立ちと影響/軍隊の給食の影響)/外食の発達(茶屋から料亭へ/江戸庶民の外食/屋台の人気食品、すしとてんぷら)/「ひるめし」と麺類(麺類の伝来と発展/うどんからそばへ)/国民食のカレーライス(スパイス文化の受け入れ/国民食のカレーライスへ)/終章「ひるめし」の行方/箸の誕生と日本への伝来

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「ひるめし」の誕生/第2章 弁当の移り変わり/第3章 給食と食生活への影響/第4章 外食の発達/第5章 「ひるめし」と麺類/第6章 国民食のカレーライス/終章 「ひるめし」の行方/箸の誕生と日本への伝来
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5078-fa906685
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin