FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

平成時代

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年06月22日 21時46分]
天皇の代替わり自体で世の中が突然変わるわけではないのですが、30年ぐらいですと「一塊の時代」と言えるのでしょう。
結果だけ見れば、この30年は失敗の30年だったかもしれません。
これからもこの状態が改善しないという予想は正しいのでしょうが、悲しい未来予想ですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平成の三〇年は「壮大な失敗」、今後も続く「失われる半世紀」への序曲であった…。「失敗」と「ショック」の意味を多分野にわたりシビアに総括することからしか、新たな展望は描けない。経済、政治、社会、文化でこの三〇年間、何がおきたのか。社会学者吉見俊哉が「ポスト戦後社会」の先に待っていた空虚な現実を総括する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 「平成」という失敗ー「失われた三〇年」とは何か/第1章 没落する企業国家ー銀行の失敗 家電の失敗/第2章 ポスト戦後政治の幻滅ー「改革」というポピュリズム/第3章 ショックのなかで変容する日本ー社会の連続と非連続/第4章 虚構化するアイデンティティー「アメリカニッポン」のゆくえ/おわりに 世界史のなかの「平成時代」-失われる半世紀への序曲
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5066-b7c3b8b1
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin