FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

近代日本一五〇年

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2019年06月06日 21時27分]
科学技術によってしか日本の近代化や経済大国化は出来なかったと思います。
ただ、今となっては原発は大いなる失敗だと思います。ちなみに、ケン爺は東日本大震災以前から問題意識は持っていましたが、声を出していないという意味では多くの人と同罪です。廃炉や放射性物質の処理費用を考えると、元を取れるシステムとは思えなかったんですが、声を出せませんでした。最近では廃炉費用をやっとコストに入れだしましたね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
黒船がもたらしたエネルギー革命で始まる近代日本は、国主導の科学技術振興による「殖産興業・富国強兵」「高度国防国家建設」「経済成長・国際競争」と国民一丸となった総力戦体制として一五〇年続いた。近代科学史の名著と、全共闘運動、福島の事故を考える著作の間をつなぐ初の新書。日本近代化の歩みに再考を迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 欧米との出会い/第2章 資本主義への歩み/第3章 帝国主義と科学/第4章 総力戦体制にむけて/第5章 戦時下の科学技術/第6章 そして戦後社会/第7章 原子力開発をめぐって
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5050-daa76b24
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin