FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

国家機密と良心

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年05月28日 21時51分]
著者のダニエル・エルスバーグやチェルシー・マニング、エドワード・スノーデンのような人は日本では出てこないんでしょうかね。

【内容情報】(出版社より)
ベトナム戦争の嘘を暴露する良心的告発を行ったエルズバーグ氏。時の大統領を窮地に追い込んだ人物は、どんな人生を辿り、いかなる葛藤を経て、内部文書を告発するに至ったのか。差し迫る核戦争のもたらす惨禍を政府内部で知った経緯は? そして日本へのメッセージは? 驚嘆すべき記憶を詳細に語った単独インタビューの記録。
はじめに……………梓澤和幸
1 私の歩んだ道ーー人生の転機を迎えるまで
2 ペンタゴン・ペーパーズを暴露する
3 隠然たる帝国・アメリカーー日本への核持ちこみ
4 なにが私を変えたのか
5 日本の読者の皆さんに
解 説……………吉岡 忍

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ベトナム戦争の嘘を暴露する良心的告発を行なったエルズバーグ氏。ニクソン大統領を畏れさせ、スキャンダルにより窮地に追い込み、のちにエドワード・スノーデンをして「彼がいなければスノーデンもいなかった」(ドレスデン平和賞受賞時のメッセージ)と言わしめた人物は、差し迫る核戦争のもたらす惨禍を政府内部でどのように知ったのか。政府高官になるまでどんな人生を辿り、いかなる内心の葛藤を経て、戦争の嘘を語る膨大な内部文書を告発するに至ったのか。驚嘆すべき具体的な記憶を語った単独インタビューの記録。自らの人生や内心の葛藤を語った日本版オリジナル・インタビュー。
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/5041-92bab102
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin