FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

考える力

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:資格・勉強法 [2019年04月17日 22時02分]
ただ覚えるだけではダメだとは思います。考えつづけることは大事だと思います。
しかし、思い込みや考え過ぎはどうかと思いますね。

【内容情報】(出版社より)
“思考のみち”を行こう

“知識のみち”を歩むのは、意外と簡単です。本を読んで、勉強をしさえすれば行くことができる。
けれど、どこまでいっても借りものでしかなく他力依存なのです。

「たとえ間違っていても、自分の頭で誠実に考えたことは独創である。」
思い切って、“思考のみち”に踏み出すのはいかがでしょうか。
たとえまわりみちをすることになったとしても、案外悪くないのではないかと思います。

人生、世の中、生活、人の心、考えることの5つのテーマにそって、“思考のみちの歩き方”の手ほどきをしてくれています。

※本書は、2013年に弊社から刊行された『20歳からの人生の考え方』の新書版です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 人生について考える(思考のみちー自分の頭で誠実に考えたことは独創である/マイナスがプラスー苦はありがたい先生である ほか)/2 世の中について考える(目と耳ー複雑化する世の中では、聴きとる力が必要である/オールド・タイム(Mr.Old Time)-知識を英知に化する“トキ”の働き ほか)/3 生活の中で考える(思考のゴールデン・タイムー頭の最高のコンディションは朝と散歩である/セレンディピティー新しい発見や創造は生活の中にある ほか)/4 人の心について考える(ある推理ー他人のこころを知るには、推理せねばならない/善玉忘却と悪玉忘却ー忘れないより、不要なことは忘れるほうが頭がよい ほか)/5 考えることを考える(桃太郎ー古典に対して必要なことは、隠れた寓意を引き出すことである/知のケミストリー別々のものを結合させ、新たな化合の仲立ちをする触媒について ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4997-63ee8888
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin