FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

サブカル勃興史

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年04月12日 22時13分]
ケン爺はオタク第0世代なんですが、著者とほぼ同じ世代(-3才)なので、おおむね同じような感覚を持って時代を過ごしてきました。
この本で追体験させていただきました。

【内容情報】(出版社より)
2010年代に入ってから、「ウルトラ・シリーズ」、「仮面ライダー」、「ヤマト」、「ガンダム」、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」などが次々と40、50周年を迎えている。それらはみな、単に昔のものとしてあるだけでなく、現役のコンテンツとして新作が発表され、映像化、舞台化されている。逆算すれば分かるが、これらの大半は1970年代に始まっているのだ。 1960年に生まれ、アニメ、特撮ものを最初期からテレビで見ていた中川右介(作家、編集者)が「リアルタイムの記憶を基にして目撃譚」として描くサブカル勃興史。

記憶をたどりながら書きますが、公にするからには、記憶にだけ頼り、間違ったことを書いてはいけないので、改めて調べ、事実確認をして書きます。歴史家的視点と、当時の少年視聴者・読者としての記憶とを融合させ、「読者・視聴者としてサブカル勃興期を体験した者が書く歴史」を提示したいと思います。(筆者)
第一話 静かに生まれた国民的キャラクター --『ドラえもん』(1970年)
第二話 ウルトラ・シリーズの再出発 --『帰ってきたウルトラマン』(1971年)
第三話 石ノ森・東映ヒーローの誕生 --『仮面ライダー』(1971年)
第四話 スーパーロボットの出現 --『マジンガーZ』(1971年)
第五話 少年も読む少女マンガ --『ポーの一族』と『ベルサイユのばら』(1972年)
第六話 アニメ新時代の幕開け --『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)
第七話 ニュータイプのアニメ --『機動戦士ガンダム』(1979年)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4992-8570711b
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin