FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

ミッションスクールになぜ美人が多いのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:未分類 [2019年03月20日 21時29分]
「なぜ」の答えがないように感じるのは私だけでしょうか。
しかし、ミッションスクールがいかに日本に受容されたかというのは、それなりに理解できました。

【内容情報】(出版社より)
【文学/日本文学評論随筆その他】局アナ、CA、読者モデル界でキリスト教系大学出身女性たちの活躍が目立つ。「美人論」の井上が提起したキリスト教と美人の関係を、川村は日本のミッション系女子教育が採った才色兼備路線が成功し、郭は日本に流れるキリスト教への憧れを検証して、新文化論が誕生。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なんと「あけすけな題名」と思うでしょう。でもどこかで「そうかも」と、うなずくところがありませんか?ミッション系校に学ぶ女子は、「かわいい、金持ち、キリスト教」の3Kと呼ばれてます、と井上章一さん。局アナや読者モデルの出身校からもはっきり傾向がうかがえるという。キリスト教はなぜみな憧れるキラキラの存在となったか?日本のキリスト教受容研究には「盲点」があるのでは?そんなとっぴな問題提起を研究者が受けて立ち、見えてきたものはー。明治になって上流階級に浸透していったキリスト教文化のかくされた歴史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 プロテスタント校はあなどれないー読者モデルを量産するわけ(かわいい、金持ち、キリスト教/クリスマス、そしてチャペルの力 ほか)/第2章 ミッション系大学の成功物語ーなぜ女子アナの多数を占めるのか(女子アナの半分近くはキリスト教校出身者/慈愛と奉仕を理念とするキリスト教系大学 ほか)/第3章 変遷するキリスト教イメージー悲劇のカトリック受容史を見直す(日本社会で承認を得るための苦闘/「淫祠邪教」からの出発 ほか)/第4章 「お嬢様学校」を生み出したカトリックー女子教育で人気の秘密(プロテスタント学校の姿勢に学ぶ/女子教育の理想と「結婚」への介入 ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4967-6b2531cb
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin