FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

マンガでわかる私は父の成年後見人です

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年03月18日 21時19分]
成年後見人が大変だというのがよく分かる本です。
相当大変そうですね。

成年後見人になるまで、なった後の実際を、マンガ・イラスト入りでわかりやすく紹介!
ごく普通の人がある日成年後見人になるとどうなるか、実際の生活はどうなったのか……?
この本では、著者自身の体験に基づき、成年後見人の実際をときにユーモアを交え、ときにほろっとさせながら、赤裸々に紹介しています。
重い病気を抱える家族のことで悩んでいる人、離れて暮らす高齢の両親が心配になっている人は必読の書です。

(目次)
プロローグ

第1部 私が成年後見人になるまで
1.入院費用がすぐに必要!でも、通帳は……どこ?
2.ご本人様でないと手続きできません……が
3.「セイネンコウケンニン」の認知度
4.成年後見人にはすぐにはなれない?
5.いざ家庭裁判所
6.家庭裁判所で働く人たち
7.家庭裁判所で働く人たち・現代編
8.親の経歴なんてわからない!そんなときの1冊
9.「被」
10.勤務形態によります、たぶん
11.ダンジョン・法務局
12.姉さん、「事件」でした!
コラム1「後見」・「保佐」・「補助」とは?

第2部 成年後見人のお仕事
13.伝家の宝刀、「登記事項証明書」
14.成年後見人の威力……というか雑務の連続
15.違いがわかる女……ってATMですが。
16.成年後見人の威力……被後見人の意思はどうする?
17.成年後見人の威力……今度こそ堪能
18.家族の中での領収書
19.「清廉潔白宣言」、必要?
20.時々つながらない不携帯電話
21.成年後見人の通信簿!?
22.コンビニのコピー機を独占
23.間違い探しの能力が問われる改訂
24.「説明」って、大事じゃないですか?
25.謎の部屋があります、たぶん
26.介護・看護
27.介護・看護・監護
28.後見監督人って、誰?

第3部 成年後見人にまつわるあれこれ
29.回復の見込みの有無が重要
30.仁義なき戦い
31.父の入院黄金期
32.審判を待ってはいられない親族後見人ですから
33.家族じゃなかったら、どうなる?
34.ムダに増えた掃除の知識と、人徳のありがたみ
35.投票率のゆくえ
36.身内でも報酬はもらうべき?
37.残されたもの・遺されたもの
38.「家族」と「成年後見人」の狭間で
コラム2 市民後見人養成研修の説明会に行ってみた

エピローグ
巻末資料
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4965-9e807eff
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin