FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

対話する社会へ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年03月17日 21時25分]
「戦争・暴力の反対は、平和でなく対話です」というのが、この本の肝ですね。
なににしても、対話は大事だと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
個人の成長過程で、地域で、社会で、国家間で…あらゆる局面で、今いかに「対話」が喪われ、その結果何が起きているのか。逆に「対話」があれば、どんなことが可能になるのか。新しい視野が開け、何年もたってから大きな解が得られる対話とは、そもそも人間にとって何なのか。豊富な事例をもとに説く、渾身の警世の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 思い出の中の対話(最初の対話/知ることほど人生に楽しいことはない ほか)/第2章 対話に飢えた人びとー対話的研究会のはじまり(本当の話がしたい/添加物のない自然の水 ほか)/第3章 対話の思想ーなぜ人間には対話が不可欠なのか(子どもの発達と対話/対話と人権 ほか)/第4章 対話を喪ったとき(沈黙の社会/対話を回避する社会 ほか)/第5章 対話する社会へ(民主主義の土台として/自分で考えるということ ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4964-ceb0e74d
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin