FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

酔眼耄碌翁のたわごと

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2019年03月10日 21時26分]
私は酔眼ではあるものの、耄碌にはちょっと時間がありそうです。


【内容情報】(出版社より)
いまや「昭和」は「古い」の代名詞。でも、その昭和の出来事は本当にもう終わってしまった過去なのか。ヘイトスピーチ、雑誌やSNSなどに踊る極端な言動、少数派への配慮なき攻撃。そして旧軍部を想起させる一強独裁政権による印象操作。昭和の危うさを再現しながら新たな時代に入ろうとしている現在こそ、言葉のウソを見抜いて考える力が求められる。元朝日新聞の名コラムニストが、自身の実体験を踏まえて論考する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本当の意味で「考える」とは、どういうことなのか?名コラムニストによる名解答!!頭のよくなる読書案内付き。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 都合よく利用される言葉「武士道」/第2章 考えることを放棄せず、学ぶことを怠らない/第3章 東京二〇二〇年にむけて「国家総動員法」?/第4章 美しい外見、耳あたりのよい言葉はクセモノ/第5章 「なぜ?」を言葉にして自分に問いかける/第6章 過去は終わらず、絶え間なく再生産されている
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4957-b4a3399f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin