FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本が世界一の国になるために変えなければならない6つの悪癖

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年02月17日 21時22分]
たぶん日本人は本質的に自虐的なんでしょう。
某「朝日新聞」の従軍慰安婦問題は、未だに国損を与えていますね。
それをまともにするだけで、大幅な日本のイメージアップが図れそうです。

【内容情報】(出版社より)
日本は経済的にも、その品格からいっても世界一になる資格は十分あります。しかし、いくつかの問題点がそれを阻んでいます。まず、官僚。財務省をはじめ日本を牛耳る官僚たちが日本を貶めています。そして野党。日本をよくする気もないのに反安倍だけを叫んでいます。さらに日本中にはびこるスパイたち、官僚を作るだけの個性のない教育、日本にしか通じない世界常識、反日だけを叫ぶマスコミと、日本の問題点6つをケント・ギルバートが徹底的に分析、批判します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いまの日本をだめにしている6つの悪癖があります。本書では、その悪癖と、それを変える方法を書いていきます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本の悪癖1 「Deep State」。放漫で手前勝手な官僚たち/第2章 日本の悪癖2 反日野党の存在/第3章 日本の悪癖3 スパイ天国/第4章 日本の悪癖4 戦後教育/第5章 日本の悪癖5 日本の常識、世界の非常識/第6章 日本の悪癖6 反日マスコミ
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4936-35a1aebc
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin