FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

いま、を本気で語るには

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年02月05日 21時31分]
平和は難しいですね。
なににしろ声を上げることが大事だと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平和について、「本気で」語りあうことがなぜ難しいのか。小さな勇気を育むには、どうしたらよいのだろう。「逆さまの全体主義」と現在の戦争。そのなかの生活と命について。過労死と不登校。福島の「復興」と被害者の自己疎外をめぐって。「従軍慰安婦」問題と歴史への向きあい方。学問・報道・言論の自由。アジアからの「解放の神学」の可能性。これらを、今を生きる人、これからを生きる人とともに考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 本気で“平和”を語ることの困難/2 「逆さまの全体主義」と現在の戦争/3 二一世紀の「戦後」と「平和」/4 過労死と不登校が物語るもの/5 福島の復興・分断・沈黙ー被害者の自己疎外/6 歴史と向きあうとは?-「従軍慰安婦」問題と学問・報道・言論の自由/7 アジアからの解放の神学へ
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4924-dfb151b9
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin