FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

給食の歴史

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2019年01月27日 21時26分]
小さい頃の給食はあまりいい思い出はありませんが、クジラ肉の竜田揚げはおいしいのもありました。
給食には色んな背景があったんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
学校で毎日のように口にしてきた給食。楽しかった人も、苦痛の時間だった人もいるはず。子どもの味覚に対する権力行使ともいえる側面と、未来へ命をつなぎ新しい教育を模索する側面。給食は、明暗が交錯する「舞台」である。貧困、災害、運動、教育、世界という五つの視覚から知られざる歴史に迫り、今後の可能性を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 舞台の構図/第2章 禍転じて福へー萌芽期/第3章 黒船再来ー占領期/第4章 置土産の意味ー発展期/第5章 新自由主義と現場の抗争ー行革期/第6章 見果てぬ舞台
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4915-b957e543
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin