FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

人は人を救えないが、「癒やす」ことはできる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年01月14日 20時51分]
共有が大事なんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「死」と向き合うことは、「自分」と向き合うこと。終末期の人の心をケアする臨床宗教師が説く、「死の悲しみ」「別れのつらさ」の乗り越え方のヒント。いますぐ「死」と向き合うための35のレッスン。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 そもそも、現代人は「死」を理解できない(「死」と向き合うことは、「自分」と向き合うこと/今や「死」は身近なものではなくなっている ほか)/第2章 どうすれば「死の恐怖」をなくせるか(「死ぬのが怖い」のは、死んだらどうなるかわからないから/「死後の世界」があるかないかは、自分で決めていい ほか)/第3章 もしも「自分が死ぬ」としたら(死ぬ瞬間まで、自分にできることは意外とある/話せるうちに、「ありがとう」を伝える ほか)/第4章 「大切な人の死」に直面したときにできること(ただ寄り添うこと。それだけでも「癒やし」になる/サポートできることは「話す」「歌う」「触れる」 ほか)/第5章 「死別の悲しみ」を乗り越えるために(人は亡くなった後も、心の中で生き続ける/「悲しみ」を共有することが、立ち直る力になる ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4902-218a20b3
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin