FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

未来を予告していた黒い手塚治虫

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年01月08日 21時16分]
黒手塚だそうですが、そこまでブラックなものはないと思います。
ほとんど読んでいたはずですが、結末を覚えていないものもありますね。

【内容情報】(出版社より)
手塚マンガに出てくる未来は明るいものばかりではない。むしろ、未来の戦争や人類の終末を描いたもののほうが多いくらいだ。代表作である「鉄腕アトム」の中でも、手塚は人間とロボットが共存するユートピアだけを描こうとしたわけではなく、人間の奴隷として働かされていたロボットが人間に対して反乱を起こすストーリーや、反対にロボットに人間が支配される世の中を描かれている。生誕90周年となる手塚マンガを通して、未来を再検証する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生誕90周年。もう一度、手塚治虫からの恐怖のメッセージを読む。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人類の最後ー継ぐのはナメクジ?それともゴキブリ?/第2章 暴走する権力ーぼくらは巨大な象と闘うアリなのか/第3章 蝕まれる自然ー人間の驕りが生み出す怪物/第4章 心に棲む悪魔ーあなたの中にも魔物がきっといる/第5章 異形の美少女たちー毒蛇姫からピノコまで、その孤独と愛について/第6章 ピカレスクの系譜ーどうして悪い奴ほど魅力的なのか/第7章 平凡な日常に潜む悪夢ー気づかぬうちになにかが動いている/第8章 お化けと妖怪たちがいる場所ー妖しの世界からぼくらへの伝言/第9章 未知の病魔と命の不思議ー孤独に病気と向き合う医師たち/第10章 個人の人生を狂わせる戦争ー国の正義がぼくらに牙をむく
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4896-955381c7
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin