FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本を蝕む「極論」の正体

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年12月18日 21時35分]
極論の定義がはっきりしないので何とも言えませんが、明らかに変だと思うことは結構あります。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
極論を目にすることが増えた。政界、教育現場、論壇、職場、メディア…あらゆる場所で左右も保革も関係なく、ちょっと冷静になれば明らかに変だとわかることを声高に主張し、他人を糾弾する「極端な人たち」が目立つ。それはかつての連合赤軍やオウム真理教を想起させる存在だ。「バブル賛歌」「TPP亡国論」「地方消滅」「憲法九条無殺生論」等々、はびこる極論の奇怪さを嗤い、その背景を考察する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 電子時代の囚人たち/第1章 「教育現場」の極論ー組体操と二分の一成人式/第2章 「日本共産党」の極論ー内部留保は本当に存在するのか/第3章 「TPP亡国論」という極論ートランプがすべてを吹き飛ばした/第4章 「バブル賛歌」という極論ーリアル半沢たちの悪しきノスタルジー/第5章 「地方消滅」という極論ー夕張はずっと衰えていた/第6章 「プレミアムフライデー」という極論ー土日休みは常識ではない/第7章 「日本会議黒幕説」という極論ー原稿料はクオカード/第8章 「男系・女系」という極論ー小林よしのりとゆかいな仲間たち/終章 二一世紀のインパール
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4875-e707bd6a
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin