FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

自衛隊入隊日記

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2018年12月10日 21時40分]
元フランス外人部隊の人の自衛隊時代というのも、ちょっと面白い切り口ですね。

【内容情報】(出版社より)
【大ヒットの電子書籍が待望の書籍化!】
「激レアさんをつれてきた。」で話題になったあの人の、自衛隊時代が笑えて泣ける!

本書はテレビ朝日「激レアさんをつれてきた。」で、「ただムッキムキになりたいだけでフランス外国人部隊に入った人」として出演し話題となった大仏見富士(おおふみ・とし)氏の、厳しくも愛にあふれる自衛官時代をリアルに描く自伝的青春小説。自動車の部品工場で働いていた著者が突如自衛隊に入隊し、2年間の任期を終えるまでの日々を爽やかに綴っている。

厳しい訓練の様子や隊内の規律などの「ザ・自衛隊」的な描写は非常に少なめで、「自衛隊に入隊すると市区町村からは『ボールペンとタオル』がもらえる」「入隊初日は戦闘服への名札の縫いつけで流血騒ぎ」「トイレ掃除の後に待っていたのは恐怖の上長チェック」「突然始まる催涙ガス体験で大パニック」「9.11が起こったときの自衛隊の意外な様子」「大規模演習中に野生の熊と遭遇」など、いままでなかった自衛隊の日常系ストーリーが笑わせて、ときには泣かせてくれます。

本書は2016年に電子版として販売されたコンテンツを再編集し、新しいエピソードと著者による4コママンガ14点を追加。242ページのボリュームです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大ヒットの電子版が待望の書籍化!ただムッキムキになりたいという薄い理由でフランス外国人部隊に入った激レアさんの自衛隊時代が笑えて泣ける!いままでなかった自衛隊の日常系ストーリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 入隊希望/第2章 新隊員の小規模大作戦/第3章 ようやく入隊/第4章 駐屯地での生活/第5章 9・11と北海道/第6章 雪国と自衛隊と/第7章 自衛隊の日常
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4867-bf480922
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin