FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

パッシブハウスはゼロエネルギー住宅

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2018年11月28日 21時17分]
20世紀の住まいは電気に依存していたのですね。
今建てるならもう少し考えたと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
地球温暖化を前にして私たちの住まいのあり方、暮らし方が問われているなかで今、注目されているのがパッシブハウスである。パッシブハウスとは太陽熱、地熱、風、バイオマスなどの自然エネルギーを上手に利用し、冬温かく、夏涼しい家をいう。本書は私たちの住まいの歴史を火の技術の変遷史として具体的に捉える。たとえば、竪穴住居がパッシブハウスの原形であるのはなぜか。石油や電気に依存する二〇世紀の住まいの特徴はどこにあったのか。環境先進国ドイツのパッシブハウスの現状はどこまで来ているのか。そして、日本のゼロエネルギー住宅の姿はどのようなものか。環境建築の第一人者が、多くの事例と共に指し示す二一世紀の日本の住まいの行くべき道。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 火の記憶を繋ぐ/第2章 火の変遷と住宅革命/居住のための開口部/なぜ北海道の住宅に共感を覚えるのか/第3章 パッシブソーラーと私たちの宿題/三軒のベーシックハウス
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4855-e7fdd604
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin