FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

平和主義は貧困への道

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年11月26日 21時14分]
戦争放棄のために戦後の法律がつくられたというところから始めた本だと感じました。
まー、それはそうでしょうが、朝鮮戦争などの外的要因もあったとしても結果としては高度成長できたんですよね。
それを考えると、必ずしも平和主義が悪いとは思えないんです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平和のもとで、国はたいがい繁栄する。だが戦後日本の平和主義は、貧困を不可避的にもたらすのだ!こうして日本は、誇りと絶望のはざまで、対米従属の経路を歩む。だが行き詰まり、末路が近づけば近づくほど、なぜか爽快になってくる!何かがおかしいのは明らかだ。とはいえ、おかしいのは何なのか?わが国の低迷や没落にひそむ、七つの真実をさぐることで、「賢い者ほどバカをやらかす」現状を脱却し、未来にいたる道を示す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 賢いほどのバカはなし/第1章 平和主義は貧困への道/第2章 平和主義は少子化への道/第3章 愛国は虚妄か、さもなければ売国だ/第4章 経世済民のために経世済民を放棄せよ/第5章 従属徹底で自立をめざせ!/第6章 政治は口先と言い訳がすべて/終章 不真面目こそ未来を拓く
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4853-00c9b9e3
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin