FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

先生、脳のなかで自然が叫んでいます!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2018年10月13日 21時34分]
生物を擬人化することが、生存に役に立つというのは分からないでもないですね。
しかし、自らが生物の気持ちになることを擬人化というんですか?ちょっと違うような気がします。

【内容情報】(出版社より)
自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を描く、
大人気「先生!シリーズ」の著者、コバヤシ教授の自然へのまなざしは、
どのようにして培われてきたのか。

幼いホモ・サピエンスの一見残酷な虫遊びには意味があるのか、
生物を擬人化することは、ヒトの生存・繁殖に有利なのか、
生き物の習性・生態に、ヒトが特に敏感に反応するのはなぜか、
アカネズミとドングリの関係、
ニホンモモンガの暮らし、
大学キャンパスでの動物との出合い、
子どもたちとの自然教室での実験などをまじえて、
動物行動学と脳のクセから考え、
「先生!シリーズ」の底を流れる、ヒトの精神と自然とのつながりを読み解く。

「先生!シリーズ」をより深く楽しむための必読書。
はじめに
第1章 もし、あなたがアカネズミだったなら?
   「擬人化」はヒトと自然の精神的なつながりを醸しだす
第2章 ノウサギの“太腿つき脚”は生物か無生物か
   子どものころの生物とのふれあいが脳に与える影響
第3章 幼いホモ・サピエンスはなぜダンゴムシをもてあそぶのか
    脳には生物の認識に専門に働く領域がある!
第4章 ポケモンGOはなぜ人気があるのか
   推察する、探す、採集する、育てる、自慢する………狩猟採集生活がそこにある!?
第5章 狩猟採集民としての能力と学習の深い関係
    ヒトの脳は、生物の「習性・生態」に特に敏感に反応する
第6章 古民家にヤギやカエルとふれあえる里山動物博物館をつくりませんか?
    ヒトの心身と自然と文化の切っても切れないつながり

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 もし、あなたがアカネズミだったなら?-「擬人化」はヒトの精神と自然とのつながりを醸しだす/第2章 ノウサギの“太腿つきの脚”は生物か無生物かー子どものころの生物とのふれあいが脳に与える影響/第3章 幼いホモ・サピエンスはなぜダンゴムシをもてあそぶのかー脳には生物の認識に専門に働く領域がある!/第4章 ポケモンGOはなぜ人気があるのかー推察する、探す、採集する、育てる、自慢する…狩猟採集生活がそこにある!?/第5章 狩猟採集民としての能力と学習の深い関係ーヒトの脳は、生物の「習性・生態」に特に敏感に反応する/第6章 古民家にヤギやカエルとふれあえる里山動物博物館をつくりませんか?-ヒトの心身と自然と文化の切っても切れないつながり
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4810-28c4fb90
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin