FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

東京の巨大地下網101の謎

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2018年09月29日 21時55分]
東京という徳川家が埋め立てて作った土地は、もともと平らではありませんし、水路ばかりです。
そうした中で、鉄道を作り、ロンドンの地下鉄を模した地下鉄を作れば、地下迷路が出来るのはあたり前でしょう。
地方在住者の私でも、(もう少し若くて、)機会があれば、見て回りたいものです。

【内容情報】(出版社より)
空前の地図ブームです。通常の地図だけでなく、未来地図、重ね地図など、東京にはさまざまな面からの地図があります。しかし、地下マップはありません。東京の地下空間には、戦前には、皇居を中心に隠された地下道路、地下鉄があり、いまだにその跡は残っています。さらに、公にされていない、さまざまな建造物もあります。巨大貯水池、地下8階の国会図書館の書庫、首相官邸と結ばれた皇居への道路、地下鉄の車両基地、地下野菜農場、地下オフィスなどなど。驚くほど地下は使われています。その地下にある驚きの施設を写真とマップで紹介します。巻頭には見開き地下カラーマップ付き。

【目次】(「BOOK」データベースより)
東京と首都圏のアンダーグラウンドへようこそ/第1章 鉄道の謎(東京の大深度地下を味わえる大江戸線六本木駅!/大江戸線その2 シェルター説は本当か!? ほか)/第2章 地下街の謎(これぞ“昭和感”レトロすぎる浅草地下街/異常なまでの迷宮化が進む東京駅地下街 ほか)/第3章 地下施設の謎(人気は平成クリアファイルー国立公文書館地下倉庫/人気のない肝試しスポット!?川崎港人道海底トンネル ほか)/第4章 巨大水路と地下トンネルの謎(埼玉にある謎の「地下神殿」の正体!/詳細説明 「地下神殿」のある首都圏外郭放水路 ほか)/第5章 地下をめぐる歴史の謎(国鉄萬世橋駅と東京地下鉄道萬世橋駅ー短期間で廃止された幻の駅/あの都市伝説は本当なのか!?隠され続けた秘密地下鉄 ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4795-3a50d500
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin