ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

失敗の法則

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年08月26日 21時45分]
「失敗の本質」では分析できなかった本質を分析した本ですね。
トップダウンでもなくボトムアップでもない、中間層が強すぎたことによる失敗なんでしょう。

【内容情報】(出版社より)
なぜ、現場は優秀なのに無能なトップが多いのか、どうして日本人の働き方はいつまでも非効率なのか……。そして、日本人がいつも同じパターンの間違いを繰り返す理由は何なのか?

名著『失敗の本質』が描いたのは、日本人がどのようなときに「失敗」するのか、という日本軍の作戦の分析だった。だが著者はいう。『失敗の本質』は個々の分析は素晴らしいが、抽象化が不十分なため、繰り返し起こる失敗の原因がよくわからない、と。

本書は『失敗の本質』がパターン化できなかった「失敗の法則」について、東芝崩壊、電通事件、豊洲移転問題から原発事故まで、現代日本の「失敗」のなかで行なわれた「日本人の決め方」を緻密に分析し、それを8パターンにまとめたものである。

そうした「失敗のパターン」を理解できれば、組織のなかで「失敗しないため」にはどうすればよいのか、という戦略も見えてくる。山本七平、丸山眞男などの日本人研究から最新の経済学まで膨大な知見をもとに展開される、どこにもない日本人論の誕生。


【本書の内容】
プロローグ 優秀な兵士と無能な将軍
第1法則 現場が強いリーダーを許さない
第2法則 部分が全体を決める
第3法則 非効率を残業でカバーする
第4法則 「空気」は法律を超える
第5法則 企業戦略は出世競争で決まる
第6法則 サンクコストを無視できない
第7法則 小さくもうけて大きく損する
第8法則 「軽いみこし」は危機に弱い
エピローグ 勤勉革命の終わり

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ現場は優秀なのに無能なトップが多いのか、どうして日本人の働き方は非効率なのか…。名著『失敗の本質』がパターン化できなかった「失敗の法則」について、稀代の評論家が「日本人の決め方」を分析しながら八つに類型化。東芝崩壊、電通事件、豊洲移転問題から原発事故まで…経済学をはじめ膨大な知識に裏打ちされたどこにもない日本人論の誕生。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1法則 現場が強いリーダーを許さない/第2法則 部分が全体を決める/第3法則 非効率を残業でカバーする/第4法則 「空気」は法律を超える/第5法則 企業戦略は出世競争で決まる/第6法則 サンクコストを無視できない/第7法則 小さくもうけて大きく損する/第8法則 「軽いみこし」は危機に弱い
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4760-72928bac
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin