ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

私はこの本で安楽死を認めてほしい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2018年08月14日 21時41分]
私も無理やり生かされるのは、いやです。
治る見込みがないなら、素直に逝かせてほしいと思います。

内容紹介
◎最期は“眠るように逝きたい"この本はそんな著者の遺言書――。大黒柱だった父と兄の死、最愛の母の死、
そして3・11の被災。 ・・・全てを乗り越えて成功した男の最後の願いは「自由に死ぬこと」だった!
高齢化社会の今、考えたい「最後の逝き方論」を語った1冊。
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4748-c612074f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin