FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

世界の水の民話

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:未分類 [2018年06月27日 21時03分]
特に面白いとは思いませんでしたが、水の国の日本と同じような話があるんですね。

【内容情報】(出版社より)
はじめに
1章 命の水
1 アレクサンダーと命水 イラン/2 命の水とハリネズミ ドイツ/3 若返りの水  韓国/他
コラム ヨーロッパの昔話の中の〈水〉
2章 雨と洪水
1 世界の創造 ジョージア/2 人間のはじまり クリーク(アメリカ)/3 イッカクと洪水 ウクライナ/他
コラム 日本の水の民話
3章 川の兄弟
1 長江と黄河 チベット(中国)/2 ガンジス川の降下 インド/3 ヴォルガーラフ川とカスピ海 モルドワ(ロシア)/他
コラム ポルトガルの水の俗信
4章 人魚と水の精
1 北海の人魚 ドイツ/2 ルサールカの石 ロシア/3 ジェール河の人魚たち フランス/他
コラム アイヌの水の伝承と習俗
5章 金の魚
1 水が怖いカエル ブラジル/2 カエルの鳴き声 韓国/3 ガマの王とカエルの女王  フランス/他
コラム 水に棲む妖精たち
6章 水に沈んだ町
1 海に沈んだ町レガミュンデ ドイツ/2 フォラベリー教会の鐘 イギリス/3 沈んだ町の鐘 アイルランド/他
出典

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
若返りの水、願いの泉、三滴の血、海賊を罰した井戸、溺死の前ぶれ、世界の創造、北海ができたわけ、石の獅子の目に血が流れる、長江と黄河、川の三兄弟、母を振りかえった淵、引き潮とワタリガラス、ルサールカの石、水の精の仕返し、水馬と心臓の湖、海の女神になったセドナ、水が怖いカエル、水よせ、魚と漁師、百匹目の魚、湖の中の司祭、沈んだ町の鐘、パンの香りただよう湖、水びと、川に流れた柩…「命」「自然」「由来」「妖怪や妖精」「水に沈んだ町」。テーマごとに世界各地のお話を紹介。原語資料から忠実に訳出したお話からさまざまな国の人々の生き方がよみとれる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 命の水(アレクサンダーと命水ーイラン/命の水とハリネズミードイツ ほか)/2章 雨と洪水(世界の創造ージョージア/人間のはじまりークリーク(アメリカ) ほか)/3章 川の兄弟(長江と黄河ーチベット(中国)/ガンジス川の降下ーインド ほか)/4章 人魚と水の精(北海の人魚ードイツ/ルサールカの石ーロシア ほか)/5章 金の魚(水が怖いカエルーブラジル/カエルの鳴き声ー韓国 ほか)/6章 水に沈んだ町(海に沈んだ町レガミュンデードイツ/フォラベリー教会の鐘ーイギリス(イングランド) ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4698-da04ccdb
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin