FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

絵でわかる進化のしくみ

カテゴリ:環境・自然 [2018年06月02日 21時18分]
進化についての今の考え方(説)が解説されていた本です。
ケン爺の理解とはそう違いは無かったようです。
ただ、「種」というのは自明だというぼやっとした概念は違ったようです。

【内容情報】(出版社より)
生物は誕生以来、進化し続けてきた。いまも新たな種が生まれ、その一方で消えゆく種がいる。「種とはなにか」「進化とはなにか」を、われわれはどこまで理解したのか? 生物の多様さと、それを生む進化のしくみを図解する。
【第I部 進化のしくみ】
第1章 進化の定義
第2章 進化に気がついた人たち
第3章 ダーウィンの進化理論
第4章 メンデルの遺伝の法則
第5章 遺伝子の正体、DNA
第6章 突然変異
第7章 集団遺伝学
第8章 進化の総合説あるいは現代の総合説
第9章 自然選択では説明できない?
【第II部 種は定義可能か?】
第10章 種は定義可能か?
【第III部 変わりゆく種概念】
第11章 学問以前の種
第12章 ダーウィン以前の種:静的な世界観とリンネの活躍
第13章 進化理論のインパクト:ダーウィンがもたらしたもの
第14章 生物学的種の概念:生殖隔離という考え
第15章 21世紀の種の概念:生物多様性保全のために
【第IV部 新しい種の起源】
第16章 種分化
【第V部 種の消滅:第6の大量絶滅の時代】
第17章 未発見・未記載の種
第18章 絶滅:種の消滅
第19章 大量絶滅

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「種とは何か」、「進化とは何か」をわれわれはどこまで理解したのか?生物の多様さを生む進化のしくみを図解。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 進化のしくみ(進化の定義/進化に気がついた人たち/ダーウィンの進化理論/メンデルの遺伝の法則/遺伝子の正体、DNA/突然変異/集団遺伝学/進化の総合説あるいは現代の総合説/自然選択では説明できない?)/第2部 種は定義可能か?/第3部 変わりゆく種概念(学問以前の種/ダーウィン以前の種:静的な世界観とリンネの活躍/進化理論のインパクト:ダーウィンがもたらしたもの/生物学的種の概念:生殖的隔離という考え/21世紀の種の概念:生物多様性保全のために)/第4部 新しい種の起源(種分化)/第5部 種の消滅:第6の大量絶滅の時代(未発見・未記載の種/絶滅:種の消滅/大量絶滅)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4674-78ebe538
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin