FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

大江戸食べもの歳時記

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2018年05月31日 21時28分]
この手の本はいいですね。
将来、ウナギやマグロが食べられなくなっても、食べたことのある我々の世代はその記憶と共に生きていけます。
食べたこともない過去の食を想像できるならば、食べられない時代が来てもなんとか生きていけそうではないですか?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
天ぷら、鮨、鰻の蒲焼きー。現代人の大好物はすべて江戸時代にルーツがあり、さらにうまいものを食べていた?!醤油や酢といった和食の基本を普及させ、上方や外国からの食文化を貪欲に取り入れ、料理本の出版が相次ぐという食への飽くなき探究心。弁当を持って花見に出かけ、水菓子で涼をとるなど、食とともに季節を味わう粋な心。世界から注目を浴びる和食ブームの秘密に迫る。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 江戸の食・事情(武家の食卓、庶民の食卓/大名行列と殿さまの道中食事風景/いまよりおいしいご飯を食べていた/江戸のご飯の食べ方/雑穀と江戸時代 ほか)/2 江戸の食・歳時記(春/夏/秋/冬)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4670-6d790837
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin