FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

60歳から会社に残れる人、残ってほしい人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2018年03月01日 20時58分]
この方の本は何冊か読んでいるのですが、勉強が必要と言うところには共感しますね。

【内容情報】(出版社より)
77歳でキヤノン電子の代表取締役を務める酒巻久氏に学ぶ、現役でも退職後も「必要な人」でいる方法!
仕事、趣味、人間関係…… これからの人生で自分の居場所をつくるために。キヤノン流人間力の鍛え方。

必要とされる人間になるには、学歴や肩書きではなく「人間力」が不可欠。キャノンの現役社長が語る、「必要な人」の生き方とは。

【もくじ】
第1章 現役でも退職後でも「必要な人」でいるには
・「残りたい」ではなく、「残って欲しい人」になる
・経験を積めば積むほど「勉強する人」であれ
・変化の時代だからこそ温故知新の発想を大切にする ほか

第2章 裾野を広げ、知識を役立つものにする
・教養の積み重ねこそが独創性を生むカギ
・運の呼び寄せ方を知る
・知識を知恵に変える知恵テクを身につけろ ほか

第3章 人生を豊かにする読書術
・自分流の本の読み方をみつける
・本に指南書は不要。好きな本を読めばいい
・作者と同じ知識を持ちたい ほか

第4章 これからの人生に自分の居場所をつくる
・余生という時期はない
・すべての基本は「挨拶」にあり
・夢を持つことに年齢は関係ない ほか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現役でも退職後でも「必要な人」でいるには。知識を最新に更新する。出世しても雑用をいとわない。スマホ時代だからこそ、ベテランは本を読め。仕事でも家庭でも、最良の居場所をみつける法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 現役でも退職後でも「必要な人」でいるには(「残りたい」ではなく、「残ってほしい人」になる/若い頃と同じことを続けられるか ほか)/第2章 裾野を広げ、知識を役立つものにする(教養の積み重ねこそが独創性を生むカギ/時にはアーティストになってみよう ほか)/第3章 人生を豊かにする読書術(自分流の本の読み方を見つける/迷っている時は肯定してくれる本を読む ほか)/第4章 これからの人生に自分の居場所をつくる(余生という時期はない/かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻む ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4572-aeb8d6f1
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin