FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

今日も、「いのちの小さな奇跡」を見つめて。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2017年11月12日 21時42分]
死に向かっていても今を生きるんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
たとえどんな状況にあったとしても、人は新たな物語の中で自分を輝かせる力を持っているんです。2,500人を看取った医師が明かす、“今”が尊く思える極意。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「生きていくこと」には一つひとつ意味があるーたくさんの「いのち」が教えてくれること(人生の「物語」はいつでも書き換えられる/「できること」に目を向けよう ほか)/第2章 支えになってくれる人は必ずそばにいるー家族がいてもいなくても…(家族の介護力/必ず誰かを見つけられる ほか)/第3章 悲しみや苦しみを取り込んで生きるということーどんな思いも「生きる糧」に変えられる(人はみな喪失とともに生きている/涙は思い切り流せばいい ほか)/第4章 いま、やりたいことを全うするー選択肢はあなた自身が握っている(「自己実現」という名のハードル/「治療」と「生き甲斐」のジレンマ ほか)/第5章 生きていく価値は日ごと増えていくーこうしてそれぞれの物語は「小さな奇跡」となる(あなた自身が「がん」なのか?/病気と折り合いをつけて生きる ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4471-15f99d3c
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin