FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「サードエイジ」をどう生きるか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2017年10月29日 21時59分]
サードエイジっていい言葉かもしれません。
市民参加ですか。

【内容情報】(出版社より)
はじめにーーシニアと拓く高齢先端社会

第1章 サードエイジを生きるーー社会参加からの出発
 
 1 退職シニアにとっての社会参加とは
 2 社会参加位相モデル
 3 サードエイジをいかに生きるか
 4 日本の高齢化の現状
 5 高齢期格差ーー下流老人問題
 6 社会参加活動と関連する概念
 7 置き去りにされてきた市民参加

第2章 シニアと社会とのかかわり
 
 1 社会参加の現状
 2 高齢者就労の現状
 3 市民参加とは何か
 4 政治参加の現状
 5 市民参加と公共性
 6 シニアの市民参加の意義

第3章 サードエイジの学び
 
 1 生涯学習における学び
 2 生涯学習の実施施設と現状
 3 社会参加活動で身につくもの
 4 ソーシャル・キャピタルの視点から
 5 企業市民ーーCSR戦略

第4章 サードエイジの活躍の場ーー見過ごされてきた可能性
 
 1 生涯現役を目指す社会ーー継続就労をめぐる現状
 2 継続就労の課題
 3 サードエイジの転職と起業
 4 ダイバーシティ雇用環境の実現に向けて
 5 市民参加で地域を支える
 6 サードエイジとNPO
 7 社会参加としての生涯学習ーー学び続ける場
 8 市民参加再考

第5章 成熟した超高齢社会の実現に向けてーー個人と社会の成熟の実現
 
 1 アクティブ・エイジングからみた健康に対する効果
 2 生涯発達からみた効果
 3 高齢先端社会からみたシニア市民の可能性

おわりに

Development among Third Age in Super Aging Society
Keiko Katagiri

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
退職後の生き方がこれからの日本を活かす条件。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 サードエイジを生きるー社会参加からの出発(退職シニアにとっての社会参加とは/社会参加位相モデル ほか)/第2章 シニアと社会とのかかわり(社会参加の現状/高齢者就労の現状 ほか)/第3章 サードエイジの学び(生涯学習における学び/生涯学習の実施施設と現状 ほか)/第4章 サードエイジの活躍の場ー見過ごされてきた可能性(生涯現役を目指す社会ー継続就労をめぐる現状/継続就労の課題 ほか)/第5章 成熟した超高齢社会の実現に向けてー個人と社会の成熟の実現(アクティブ・エイジングからみた健康に対する効果/生涯発達からみた効果 ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4448-85d4763d
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin