FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

ごみを資源にまちづくり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2017年10月13日 21時30分]
書いてあることは特にビックリすることはなかったのですが、方向性はあっているようですね。

【内容情報】(出版社より)
1 ごみ処理はいまどうなっているかー現状と可能性ー
01 大木町の循環事業
02 生ごみを分別すれば残りは燃料資源
03 「捨てる」から「処理して捨てる」
04 過剰な処理施設
05 焼却施設の削減から廃止へ
06 下水道から循環施設へ
07 20世紀モデルとしてのMICS事業

2 「循環のまちづくり」のすすめ方
08 循環事業の3つのモデル
09 「つながり」事業1 液肥を組織的に利用する
10 「つながり」事業2 伝え続ける仕組み
11 地域循環仕様のメタンプラント
終章 12 自立する地域経済のための理論

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
国連のSDGs(持続可能な開発目標)達成モデルと称賛される福岡県大木町、みやま市での経験をもとに、焼却炉も下水道も不要、人口減少・高齢化・経済縮小時代にマッチしたエコで安上がりな「循環のまちづくり」を大胆に提案する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 ごみ処理はいまどうなっているかー現状と可能性(大木町の循環事業/生ごみを分別すれば残りは燃料資源/「捨てる」から「処理して捨てる」になっただけ/過剰な処理施設/焼却施設の削減から廃止へ ほか)/2 「循環のまちづくり」のすすめかた(循環事業の3つのモデル/「つながり」事業1液肥を組織的に利用する/「つながり」事業2伝え続ける仕組み/地域循環仕様のメタンプラント/終章:自立する地域経済のために)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4438-8b6d1288
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin