FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

お酒のはなし

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2017年09月06日 21時24分]
濃厚な日本酒は熱燗がいいそうです。甘くなくなるそうでこの冬は試してみましょうかね。

【内容情報】(出版社より)
「ワインは最も美味しい薬であり/最も楽しい食品であり/最も価値ある飲料である」 (ヒポクラテス)
 人との関わりは5000年以上といわれるお酒。ワイン、ビール、日本酒などのお酒は,微生物の働きによって栄養価を高め、保存性を増す加工をした発酵食品です。
 本書は個人、社会、政治、文化など多岐にわたる酒と人との関わりを紹介します。
1.酔いの生理、適正飲酒
2.酒づくりの主役たち
3.酒の花束~ワイン
4.ビール 渇きをいやす酒
5.日本酒(清酒)
6.蒸留酒
7.ワイン、ビール、清酒の香味を比較する
8.きき酒
9.酒質による清酒のタイプ分け
10.古くて新しい酒、熟成酒
11.酒と料理の相性
12.清酒のタイプと料理の相性
13.酒の未来

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人との関わりは5000年以上といわれる酒。ワイン、ビール、日本酒などのお酒は、微生物の働きによって栄養価を高め、保存性を増す加工をした発酵食品です。本書は個人、社会、政治、文化など多岐にわたる酒と人との関わりを紹介します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
酔いの生理、適正飲酒/酒づくりの主役たち/酒の花束~ワイン/ビール 渇きをいやす酒/日本酒(清酒)/蒸留酒/ワイン、ビール、清酒の香味を比較する/きき酒/酒質による清酒のタイプ分け/古くて新しい酒、熟成酒/酒と料理の相性/清酒のタイプと料理の相性/酒の未来
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4388-e23ae579
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin