FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

宮崎駿の「半径300メートル」と『風立ちぬ』

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2017年08月30日 21時15分]
宮崎駿本は多いですね。読んでしまうのは何故でしょう。

【内容情報】(出版社より)
フジモトとは何者なのか。宮崎駿が口にする「半径~メートル」の意味とは。宮崎はなぜモブシーンにこだわるのか。生涯最後の長編アニメーション作品『風立ちぬ』はなぜ観るものにカタルシスをもたらさないのか。宮崎アニメーションにひそむ遠大なプロジェクトへの疑念と浄化との訣別をあざやかに読み解く。
はじめにーーなぜモネなのか
一 フジモトとは誰か
二 『風立ちぬ』と半径300メートル
三 宮崎作品と身分、階級、序列
四 「人がゴミのようだ」と言ってはいけない
五 宮崎駿と「教養主義」
六 なぜ「二郎」と呼ばれ「堀越」と呼ばれないのか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
遠大なプロジェクトへの疑念。フジモトとは何者なのか。宮崎が口にする「半径~メートル」の意味するところとは。宮崎はなぜモブシーンにこだわるのか。生涯最後の長篇アニメーション作品『風立ちぬ』はなぜ観るものにカタルシスをもたらさないのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 フジモトとは誰か/2 『風立ちぬ』と半径300メートル/3 宮崎作品と身分、階級、序列/4 「人がゴミのようだ」と言ってはいけない/5 宮崎駿と「教養主義」/6 なぜ「二郎」と呼ばれ「堀越」と呼ばれないのか
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4386-6ebede0f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin