ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

葬斂屋春秋

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2017年06月18日 21時51分]
全体としては、心が安らぐ本でした。
ちょっとどうかなと思うエピソードもありましたが。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
丁寧におくる…。亡くなった人のため、残された人のため。お金のない人から大会社の社長まで人の数だけあるおくり方。悲しいのに温かい、作法から終活案内にもなる葬儀にまつわる70の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
春(いってらっしゃい/また会えるように ほか)/夏(寺葬の風景/遺影は似顔絵 ほか)/秋(お供はキティちゃん/般若の船に棹さして ほか)/冬(残された息子/陶器と書いて ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4343-d1eeae2f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin