ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

老いていく親が重荷ですか。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:老後 [2017年06月09日 21時46分]
連れ合いの両親は、ある意味どうしようもない状況です。
持っている以上の金を遣う義父と身体がだんだん動かなくなる義母。
死亡する以外に改善は難しそうです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
親を支えること、看ることが怖い…介護は、老いて弱った親と穏やかな関係をつくるチャンスー次々に現れる不安や恐れを乗り越える、ブッダの教え。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 「介護はつらい」は勘違い(介護は、人間だけができる道徳行為/生きることと不安は切り離せない ほか)/2章 老いた親をめぐって家族が争うとき(親を憎むのは、子に問題の原因がある/「親の面倒を見たくない」人へ ほか)/3章 私たちは、どう老いていくべきか(心身のコンディションを保つ秘訣/老いという変化に逆らわない ほか)/4章 親が幸福な死を迎えるために子どもができること(どんな介護も「死」で終わる/肉体の面倒を見ること以上に大切なこととは ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4313-f8e4aa9b
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin