ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

理想の老人ホームって何だろう

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年05月05日 21時48分]
最高の必要悪というのは凄いです。
老人ホームという選択肢はなかなか難しいですね。

【内容情報】(出版社より)
「伸こう会モデル」という独自の経営手法から、介護事業のパイオニアとして知られる女性起業家、初の著書。片山氏は「100人いれば100の杖」を信条に、お仕着せのサービスを嫌い、人間の尊厳を大事にした施設運営で知られる。「運営」「ホスピタリティ」「空間づくり」「家族との関係」「終末」といった観点から、理想的な介護のあり方を70の条件としてまとめた本書は、介護従事者だけでなく、家族や自身の老い暮らしを考える上で参考になる。
老人ホームって何だろう─
1章「究極のサービス業」の奥深さを極めたい
2章「世界でいちばん素敵な老人ホーム」への70か条
 暮らしを支える
 めざしている空間
 コミュニティーに開かれていたい
 食事の楽しみ
 ホスピタリティーのかたち
 エンディングをめぐって
 スタッフに求めるもの
 マネジメント
3章 経営を揺るがせにしない
4章 理念を言葉に─組織拡大と継承のさなかで
5章 次なるステップ
あとがきに代えて

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「グラニー」「グランダ」「クロスハート」の施設開発で介護界に革命を起こした名物経営者が問い直す多様な老い暮らし、幸せな介護のあり方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
老人ホームって何だろうー「最高の必要悪」を届けたい/1章 「究極のサービス業」の奥深さを極める/2章 「世界でいちばん素敵な老人ホーム」への70か条/3章 経営をゆるがせにしない/4章 理念を言葉にー組織拡大と継承のさなかで/5章 次へのステップ
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4275-3a028fc3
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin