ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

タカラは足元にあり!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2017年05月07日 21時27分]
特色の強くある地方じゃなければ生き残れないでしょう。
多くの地方はそれなりの特色はありますが、それほど強いとは思えません。
ちなみに、九州の甘い醤油は地域の味ですが、この著者には悪いポイントに見えているようです。ちょっと違うのではないでしょうか?
ケン爺も甘い醤油は嫌いですが、それが悪いとは言えませんね。

【内容情報】(出版社より)
地方でも都市でも、時代の流れにあわせて需要が変化している??
 全国1000カ所以上の現場をわたりあるき、地域に根付く文化を再発見し、各地の元気をネットワークするスペシャリストが、食、健康、伝統産業などを切り口に、変化に柔軟に対応している事例や、他業種・他分野との連携によって新たな取り組みが生まれている事例をわたりあるいたルポルタージュ。
 時代にマッチする取り組みに通底するもの、地方を元気にするための考え方、自治体が主導した成功事例からみえてくる可能性などを示す。
 「地方創生」という政策標語のもとで、試行錯誤する実践者にとって、今後の政策を再構築するための様々な提言も。
はじめに
第1章 目標と課題を分かち合う地域が成功する
第2章 自治体だからできる地域の再発掘と創造
第3章 埋もれていた地元の伝統工芸を海外向けマーケティングで再生
第4章 村落が一体となり経済を生み出す
第5章 6次産業化のトップランナーの直販とネット販売の戦略
第6章 想像のつかない組み合わせで成功させる
第7章 「嗜好品」であるコメをいかに売るか
第8章 地域と大学と行政との連携で生まれたブランド米
第9章 山間地から広がるグリーンツーリズムの世界的ネットワーク
第10章 調味料にこだわらなければ個性は出せない
第11章 食の振興を環境と健康から提案
第12章 21世紀の長寿県で実践される村丸ごとコンパクトシティ
あとがきにかえて
本書で紹介した事例

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
全国1000カ所以上の現場をわたりあるき、地域に根付く食文化を再発見し、各地の元気をネットワークするスペシャリストによる提言ーどうしてネット通販がうまくいかないのか…つくればつくるほど赤字から脱却したい…新しいネットワークが地方の豊かさを創出する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
目標と課題を分かち合う地域が成功する/自治体だからできる地域の再発掘と創造/埋もれていた地元の伝統工芸を海外向けマーケティングで再生/村落が一体となり経済を生み出す/6次産業化のトップランナーの直販とネット販売の戦略/想像のつかない組み合わせで成功させる/「嗜好品」であるコメをいかに売るか/地域と大学と行政との連携で生まれたブランド米/山間地から広がるグリーンツーリズムの世界的ネットワーク/調味料にこだわらなければ個性は出せない/食の振興を環境と健康から提案/21世紀の長寿県で実践される村丸ごとコンパクトシティ
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4271-bc3a06fe
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin