ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本の橋

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2017年03月08日 21時33分]
橋は川を渡り繋がりができるものですね。
土方としては読む価値がある本でした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
そこに人が集まり、歴史が刻まれ、物語が生まれる。人や物の往来する「橋」を多面的にとらえる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
巻頭カラー特集 橋から見る日本文化と歴史/1 古代から近世/2 在来種と外来種/3 対外比較による日本の橋/4 鉄とコンクリート/5 伝説と物語/6 動く橋/7 木造橋の構造/8 橋の建設と契約
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4224-8e7ecaba
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin