ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

本当はブラックな江戸時代

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年02月04日 21時45分]
江戸時代は、ユートピアではなかったのは当然でしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
江戸はあなたが想うようなユートピアではない。あなたの知らない江戸の現実“リアル”がここに!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 江戸はブラック企業だらけ(休日は年に二日しかなかった/休暇がもらえるのは九年目 ほか)/第2章 安全ではなかった江戸の町(危険な警察業務は庶民がになう/町奉行所に市民を守る意識は希薄 ほか)/第3章 食の安全・安心などはなかった(江戸の水を飲むと下痢/旬の食材はそれしかなかったから ほか)/第4章 きたなくて残酷だった江戸の町(江戸はリサイクル都市だったのか/異臭が鼻をついた裏長屋 ほか)/第5章 高い識字率のまやかし(識字率世界一は本当か/お寒い武士の教養、文武両道はウソ ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4193-26aea955
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin