ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「環境を守る」とはどういうことか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境 [2016年12月30日 21時37分]
環境という言葉は難しいですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1980年代以降、環境問題に取り組むための学問である「環境学」は、発展しながら次々と細分化していった。そして今、そもそも「環境を守るとは?」といった根本を考えることが必要な時代がきているのではないだろうか。若手研究者が、カブトムシ、クジラ、原発といった具体的なものから環境思想を語る。初学者にもわかりやすい入門書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論 「環境思想」とは何か/第1章 「環境」とは何かー「自然環境」「社会環境」「人間」の関係性/第2章 環境問題を「道徳的に考えること」を考えるー自然の内在的価値概念の意義と限界/第3章 野生の「クジラ」と人間の「鯨」-「自然の価値」から共生を考える/第4章 カブトムシから考える里山と物質循環ー「自然の社会化」と「コモンズ」/第5章 原発公害を繰り返さぬためにー「環境正義」の視点から考える/第6章 私たちの「環境」について改めて考えてみるー持続可能な発展の視座をきっかけにして
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4149-7f4aeea7
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin