ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

明日、機械がヒトになる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2016年11月19日 21時14分]
昔読んだSF的な技術が進んでいるのですね。
(出版社の方に言いたいのですが、想像力を越えはじめてはいないと思いますけど)

【内容情報】(出版社より)
テクノロジーはぼくたちの想像力を超えはじめているーーAI(人工知能)、ヒューマノイド、3Dプリンタ、センサーテクノロジーなど、現在進化しているテクノロジーには、「人間」や「知性」の意味を変えてしまうほどの可能性が秘められています。
機械はどこまで人間の領域に進出するのか、ときには人間を凌駕していくのか。
小説家・海猫沢めろんが最先端の研究を行う7人の科学者を訪ね、「人間化する機械」と「機械化する人間」、その両方がぶつかり合う境界を見つめ、「人間」について考えます。
cakesで連載された科学ルポを書籍化。「人間」の定義が揺らぐ今、知っておきたい科学の最前線が1冊で分かります。
第一章 SR--虚構を現実にする技術
第二章 3Dプリンターーそれは四次元ポケット
第三章 アンドロイドーー機械はすべて人型になる
第四章 AI(人工知能)--機械は知性を持つか
第五章 ヒューマンビッグデーターー人間を法則化する
第六章 BMI--機械で人を治療する
第七章 幸福学ーー幸せの定理を探る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ヒトと機械の境界が溶け始めた!AIからロボット、3Dプリンタまで。小説家が7人の科学者を訪ねる、テクノロジーの最前線。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 SR-虚構を現実にする技術/第2章 3Dプリンターそれは四次元ポケット/第3章 アンドロイドー機械はすべて人型になる/第4章 AI(人工知能)-機械は知性を持つか/第5章 ヒューマンビッグデーター人間を法則化する/第6章 BMI-機械で人を治療する/第7章 幸福学ー幸せの定理を探る
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4132-2baa4d1e
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin