ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

いのちのわ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境 [2016年11月14日 21時44分]
世界ふしぎ発見のミステリーハンターの書いた本でした。
軽いけど楽しく読めました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
人と動物の絆。(Ethiopia-塩のキャラバン/Japan-競走馬3歳の春/Sri Lanka-古代からの記憶/New Zealand-同居人はペンギン)/いのちをつなぐ。(Fiji-南の島の小さなウミウシ/Thailand-コウモリ寺/China-なんてたってアイドル/Argentina-パタゴニア/Belize-海の妖精)/野生の母は強し。(Australia-無限大の愛情空間/Zambia-ワイルド・ヒポ/Botswana-最も大きい草食動物)/自然の中に神を感じて。(India-カオスの中のインド「蛇寺院」/Colombia-エルドラドの名残/Norway-神がもたらしたもの)/産めよ、増えよ、地に満ちよ。(Papua New Guinea-パプアニューギニアの豚/Japan-黒けれどもなほ美はし/Croatia-アドリア海の宝石/Romania-マラムレシュの羊/Argentina-三畳紀パーク「月の谷」)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4127-79ddf522
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin